So-net無料ブログ作成
検索選択

『がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事』 [読んだ本]


がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事

がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事

  • 作者: 神尾 哲男
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/03/09
  • メディア: 単行本



末期がんを宣告されて14年。
フレンチのシェフが食事の改善で
現在も生き続けている自分の食生活について
書かれている本です。

若い頃の暴飲暴食、不摂生で
そりゃ病気になるなという生活を送られていたそうです。

病院へ行った時にはすでに末期のがんと言われ
ホルモン剤や抗ガン剤などの治療を受けてこられたけれど
これではダメだと実感。

自分はシェフなんだから
「食」のパワーをもらおう!と
自分の体で実践しながら
良いものと悪いものを選り分けて
納得いくまで食材を選び
調理を考えて、体調を維持されている、

すごいな!

だって命がかかってるんだから
まぁいいか、ちょっとくらいいいか、では済まない地点におられるんですもんね。

ホントは誰もがその思いで生きるのがいいと思うのだけれど
病気という現実が突き付けられないと実感がないのも確かですが・・・^^;


もちろん癌が治っているわけではないけれど
癌はそこにいて、大きくも小さくもならない状態で維持しているとのこと。

病気を発症されている方が悪化しない食生活ということは
もちろん健康な人にもいいわけで

普段から気を付けていれば
大病にならないような体調管理ができるということですよね。

もちろん要因は食生活や生活習慣だけではないけれど
意識するとしないとではずいぶん違うと思うし。


これはとっても参考になります!

まず大切なのは調味料をきちんと選ぶ。
それだけでもかなり違うので
これは私自身が最近ずっと心がけてやっていたこと。

そして腹6分目で、一日2食の食事。
(これがなかなか実践できてない~[あせあせ(飛び散る汗)]


①地元で採れた旬の食材
②食材は丸ごと、皮まで食べる
③体を温める陽性食品を積極的に摂る
④バランスのいい「雑食」が効果的
⑤生命力の強い野菜を摂る
⑥動物性タンパク質は元気の源
⑦極力、食品添加物は摂らないようにする

詳しくはぜひ著書を読んでいただきたいと思います。

日本は農薬大国なので
(使ってる量や基準が甘いなど)
実は日本の野菜は怖い・・・
というのは聞いていたけれど

普段スーパーなどで野菜を購入する場合は
生産者の顔は見えず
何をどう使われているかはわからない。

信頼できる生産者から購入するか、
自分で作るか・・・

本の中で紹介されていた、「ホタテの殻」
で、野菜を洗浄すると
完全ではないけれど、かなり農薬は除去できる。

ということで、さっそく購入して試してみました。

IMG_4687.jpg

そして野菜を20分くらい漬けておくと

IMG_4675.jpg

 ↓

IMG_4676.jpg

写真だと少しわかりにくいけれど
油膜のようなものが浮いています。
(初めの写真を撮った後、りんごも入れたので
2枚目の写真はりんごが増えちゃってるけど^^;)


この後、小松菜を漬けてみたら
水が黒っぽくなって
かなりの油膜が張っていました。

これが体に入っていたのかと思うと
ちょっと怖いね[たらーっ(汗)]


本の中では、調味料の選び方や
料理の仕方などが紹介されていて

とても参考になった一冊です[ぴかぴか(新しい)]

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg



リラクゼーションスクールのお問い合わせ・ご予約は下記へ

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ


[かわいい]各種資格取得講座受講生募集中[かわいい]
リフレクソロジー(英国式・台湾式)
◎リンパマッサージ
ベビーケアアドバイザー

[かわいい]体験講座も随時受付中[かわいい]

◎ハンド&ヘッドマッサージ体験講座
◎リフレクソロジー体験講座(英国式)

◎耳ツボジュエリー

☆個別指導・出張

qrimg-S78060995.jpg


 合同会社 Green Leaf  

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。