So-net無料ブログ作成

紀州路⑦玉置神社 [感動]

高野山の朝。

IMG_5782.jpg

真夏だけど少し涼しいくらいの気持ちの良い朝[ぴかぴか(新しい)]
お日さま、大好き[晴れ]

早朝、宿坊での朝のお勤めに参加させていただきました。
読経や焼香、そんなに長い時間ではありませんが
(お寺の方のお勤めはまだ続いていましたが)
早朝の清々しい空気の中のお勤めは
少しゆっくりあるいは止まってみる、という体験になったような気がします。



この日は、熊野古道へと向かいます。
通常、「熊野三社」と言われるのは
「熊野本宮大社」「速玉大社」「那智大社」ですが
私が大好きな、ブロガーで本も出されている識子さんのおススメの
「玉置神社(たまきじんじゃ)」に行ってみたかったんです。

桜井識子オフィシャルブログはこちら



どのルートがいいのかなぁ~と思いつつ
先に熊野本宮へ行ってから玉置神社…と考えていたので
とりあえず熊野本宮大社をナビで検索すると
ちょっと立ち寄りたかった「曼荼羅美術館」の辺りは通らない…
でもどちらにしても寄ってる時間はないかもなので
ナビどおりが行ってみると

いきなり「玉置神社」の看板が!
おぉー!こっちで大正解だわ[黒ハート]
先にこちらに行ってみよう♪

とはいえ、かなりの山の中。
延々、細い山道を走り到着。

IMG_5783.jpg

駐車場のすぐそばのこの鳥居から
さらにしばらく参道(まぁまぁな山道です)を歩いて
えーっと今日は熊野古道もあるくんですよね?(^-^;
大丈夫か?私の脚…

でも車で山道を登って来る時から感じていたけれど
ここはとっても優しい氣に満ちています。
わぁ~~~なんだ、こんなとこ初めて!
くらいに柔らかく包まれている感覚。

IMG_5784.jpg

素敵なところだな~~とうれしくなって歩いていると
参道の左手上辺りに
「おぉー!あなたは何者ですか?!
絶対、ここのご神木ですよね!」
という迫力の大木が見えます。

ここからは上がれないけれど
境内の後ろの辺りから回って近くまで行けました。

IMG_5786.jpg

IMG_5787.jpg

ものすごい存在感と凛とした姿に
ドキドキします[ぴかぴか(新しい)]


すぐ近くには「夫婦杉」も。

IMG_5785.jpg

こちらもけっこうな大木です。

玉置神社は小さなお社ですが
とても素敵な所でした。

「包まれている」という感覚が
一番ぴったりかな。


駐車場まで戻ると汗だく。
小さなお店があって
おっちゃんが「じゃばらサイダー、おいしいよ!」と勧めるので
さっそく(笑)

IMG_5788.jpg

なかなかの酸味と苦みの柑橘系。
汗をかいたあとにはぴったりかも!

そして熊野本宮大社へと向かいます。


続く。。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

うちでの休日も楽しい♪ [自然の中で]

夏休み中のこころんは
朝から子どもたちが来所して
お昼ごはん作りや
さまざまな行事もいっぱいなので

スタッフも交代で休みを取ってのシフトにはしていますが
そうは言っても長丁場。

ちょっとずつ疲れが溜まります。

先週のお休みの日。
「今日はだらだらするぞー!」と思っていたのに


気が付けば台所にいる…( ̄▽ ̄)

美味しい野菜がいっぱい届いたので
夏野菜のカレーにしようとワクワク[黒ハート]

IMG_5893.jpg


あちこちからゴーヤも頂いて大量なので
干してみる♪

IMG_5895.jpg


そういえば、若返りのハーブと言われるローズマリーが
庭で元気に育ってる!

もったいないので、化粧水作りも♪

IMG_5894.jpg


朝は少し頭が重くて低空飛行だったけど
なんだか元気になりました(*^▽^*)


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ
nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑥高野山 奥の院ろうそく祭り~宿坊 [感動]

食事のあと、奥の院のろうそく祭りへ出かけました。

もう歩けない…くらいの脚。
一度目は歩いて行ったけれど
今度はバスに乗っていくことにしました。

この日は臨時バスも出ていました。
奥の院は終点。
バスを降りたら、人・人・人!

あちこちでろうそくを配っていて
観光客などが参道の両脇にろうそくを立てていきます。

IMG_5771.jpg

IMG_5772.jpg

IMG_5777.jpg

IMG_5775.jpg

とても幻想的。
雰囲気に流されて、足の疲れも忘れます(笑)
でも人が多くて、ちょっと見えにくいかも(^-^;

ゆるキャラ「こうやくん」

IMG_5770.jpg

かわいい~[黒ハート]


願い事を書いたろうそくを置いて
文字をかたどっていきます。
ろうそくを購入して参加しました。

IMG_5776.jpg

今年は「灯」という文字のようです。
(年によって変わるみたいです)

ろうそくの灯りはとても優しくて
そしてこんなにたくさんの灯りと
たくさんの人々で
きっとお墓の中の人たちも寂しくないよね(*^▽^*)


夜店もいっぱい並んで
まだまだ賑わっていましたが
精進料理でお腹がいっぱい。
今は食べない種類のものが多いので
夜店はスルー。

宿坊の入浴時間に間に合わなくなると困るので
少し早めに戻りました。

訪れた日が、年に一度のろうそく祭りで
ホントにラッキーでした。

奥の院、ぜひまたゆっくり訪れたい!
結局、お土産物屋などはまったく見ている時間がなかったので
今度はゆっくりの日程にしたいな~


明日は熊野古道へ向けて出発!

脚がもつかしら・・・・[たらーっ(汗)]


続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑤高野山 奥の院と宿坊 [感動]

高野山の一日は満載!

日が暮れるまでに奥の院まで行っときたい!
先に今夜の宿坊となる「持明院」へ行き
車と荷物を置かせていただいて
出かけることにしました。

もうすでに脚は棒ですが…[あせあせ(飛び散る汗)]


奥の院は、弘法大師の眠る御廟があります。
そこまでの道の左右には
歴史上の武将や、現在の企業の墓所など
本当に多くの墓が並び
それ以上に、大木になった杉を始めとする木々が囲み
木々の中に墓が並ぶ…という風景。
荘厳な雰囲気となっていました。

IMG_5766.jpg

武田信玄・勝頼、上杉謙信、伊達政宗、
石田三成、明智光秀、
毛利家、浅野家、加賀前田家、薩摩島津家などなど

歴史上で聞いた名前のオンパレード。

徳川家の墓所は別の場所にとても大きいものがありましたが
意外に小さかった豊臣家、そして織田信長。

IMG_5765.jpg

奥の院の手前の「御廟橋」のところからは
写真撮影禁止。

荘厳で、凛とした空気感で、
多くの人がいるのに静か(な印象を受ける)、
ぶわ~っと込み上げてくる何かがあるんですね。

参道の脇の祠に収められている「弥勒石」を
下段から上段へ片手で持ち上げられれば
願いが叶うと言われているそうです。

やってみたかったけれど
長蛇の列( ̄▽ ̄)

あきらめて、とりあえず宿坊へと戻ります。
宿坊は初体験。
高野山には多くのお寺があり
おそらくほとんどで宿坊をされていると思われます。

チケットを購入した宿坊協会で頂いたパンフレットには
52の宿坊寺院が載っていました。


IMG_5781.jpg

スリッパが用意されているんだけど
木造の床だし、素足がいいなぁ~♪
お寺の床っていいよね。
(と思うのは私だけかな?)



今夜は奥の院の「ろうそく祭り」

一旦、宿坊で食事をして
日が暮れてからまた出かけます。

精進料理ですが、量が多い~~!
でもお肉を食べない私たちにはぴったり♪
ありがたいお食事でした[黒ハート]

IMG_5767.jpg


続く。。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路④高野山 徳川家墓所~大師教会での受戒体験 [感動]

金剛峯寺を後にして
徳川家墓所へ。

徳川家康、秀忠の墓所があります。

正直、お墓だし…
くらいの気持ちで行ったんだけれど
家康の墓所は、けっこうな迫力なんです。

やっぱりすごい人だったんだろうなぁ~
さすがに家康!と思いながら(おこがましくも…[たらーっ(汗)]
秀忠の墓所へ行くと

こちらもやっぱりすごいんです!
歴史好きの私としては、
あぁそうだよね~と改めて感じるところでした。

IMG_5758.jpg

IMG_5759.jpg



高野山 大師協会

IMG_5728.jpg

共通拝観のチケットを購入した際に
こちらで行われる「受戒」も体験できるということを聞いたので
時間を合わせて体験に行くことにしました。


でもまず!そろそろ小腹が空いてきたぞ~(*^▽^*)
普段は2食だから食べなくてもいいんだけど
時間調整&休憩を兼ねて

ちょっと気になったお店に入ってみました。
満員!

IMG_5762.jpg

カレーうどんが気になるっ!

IMG_5744.jpg

と、頼んだあとで
あぁやばい・・・・今日は白い上着、着てる…[たらーっ(汗)]
ちょいやばいことにはなったけど
とりあえず惨事にはならず・・・(^-^;

この店内だけのことではないんだけれど
とにかく海外の方がホントに多かったです。

私たちの隣の席も
おそらくフランス語と思われる言語が
ひっきりなしに飛び交う。
ホント!よくしゃべるなぁ~いつ食べてる?という感じ(笑)

「いただきます」だけ日本語でした!


そして「受戒」体験へ。

昼間の月も青空に映えて美しい[ぴかぴか(新しい)]

IMG_5729.jpg

(見えるかなぁ…[あせあせ(飛び散る汗)]

もちろん写真は撮れないのでないんですが…
初めての受戒体験は
ちょっとドキドキ[グッド(上向き矢印)]

出家するわけではないけれど
在家で仏の定めた戒を授かるという体験ができます。
この時に、広島から来られていた巡礼白衣を着たご夫婦も
一緒のタイミングで受戒体験。


心を清める、定める、自分を律するなどが目的なのかな~
真っ暗な中で、香の匂いや読経に厳かな気持ちになって、
ほんの少し心静かに自分を見つめる時間にもなります。
海外の方も体験されていました。

いい体験をさせていただきました[ぴかぴか(新しい)]


続く。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0) 

天然酵母でのパン作り♪ [食]

旅行記は続きますが
ちょっと先週のコト。

5月くらいに予約してやっと8月に取れた、
天然酵母のパン作り教室に行ってきました。

3回コースの1回目。

内容が濃くて、頭が大混乱ではありますが
おもしろかった~♪

IMG_5897.jpg

先生が仕込んでくださっていた生地で
パンを成形したり
焼いてる間に次の酵母作りをしたり

そして重ね煮やスーパーフードにも詳しい先生が
作ってくださったランチを
焼きたてのパンと共にいただきました。[黒ハート]

IMG_5896.jpg

おいしかった~~[グッド(上向き矢印)]


天然酵母のパンと聞くと
硬いというイメージなんだけど
柔らかくて食べやすい♪

食や自然への意識の高さなど、共感できるものがあって
とても有意義でした。

そして頂いて帰った元種でうちの元種作り。

IMG_5924.jpg

う~~ん、これでいいのかなぁ…と
まだパンを焼いてみてはいないので
半分ドキドキですが…

明日は2回目。
楽しみです[ハート]



「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路③高野山 霊宝館~金剛峯寺 [感動]

次は霊宝館へ、

高野山の重要な文化遺産約5万点を保存されている施設です。

中はクーラーが入ってなくて
もわぁっとする暑さだったけど

貴重な美術品がものすごい数で圧倒されます。
平清盛が頭の血を絵具に混ぜて描かせたという、
「血曼荼羅」(両界曼荼羅)は迫力です。

豊臣秀吉の養子・秀次が自刀したという部屋や
皇室の方が来られた際に泊まられるための部屋など
(だったと思う…記憶があいまい…[たらーっ(汗)]

金箔が張り巡らされた襖が四方にあって
こりゃ眠れないんじゃないかしらん…と
心の中で思いながら、拝観しました(^-^;

もちろん作品の写真は撮れないのでないけど
ネットで公開されている写真 ↓

pic_spot_03.jpg



次の金剛峯寺へと向かいます。


「金剛峯寺」へ向かう途中、
「常喜院」というお寺があって
そこに「赤地蔵」と書かれた幟があり
気になって入ってみました。

「常喜院」って名前もいいよね~[黒ハート]
「常に喜ぶ」んだもの、幸せな感じがします。

いろいろな願掛けのお地蔵さまが並び
お香の匂いと煙が立ち込めています。

お庭には、手の平の形をした椅子(?)
座ると願いが叶うというので
座らなくっちゃ♪

IMG_5749.jpg

IMG_5764.jpg


そして金剛峯寺へ。

とにかく「でかい!」
境内は、ご神木になりそうなレベルの杉の大木が
乱立してます。
それだけでもその場の氣がすごい!

IMG_5760.jpg

IMG_5732.jpg

IMG_5754.jpg

縁側を回るような感じの通路からはお庭も見えます。

IMG_5757.jpg

ちょうど、作家の家田荘子さんが講演(?)されていて
でも私たちがそこに着いた時にはほとんど終わっていたので
お茶とお菓子だけ頂いて(無料で頂けます)

IMG_5755.jpg


ど迫力!
これだけ観光客がいても
場が澄んでいる感覚は
伊勢神宮と同じ感じ。

感動の連続です。

続く。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ


nice!(0)  コメント(0) 

紀州路②高野山 大門~壇上伽藍 [感動]

2日目。
朝から高野山へ。

誰が高野山を一日で回ることにしたんだー!
と言いたくなるくらい
一日ではかなりハード。

見どころ満載ですもん。


入口の大門が見えたとたん、
「おぉぉぉー!!」と思わず声が出ます。
とにかくでっかい!

IMG_5735.jpg

IMG_5748.jpg

IMG_5746.jpg


高野山はどこか一か所の駐車場に停めて
歩いて回ろうと思っていたので
一度、大門を通り過ぎ、駐車場へ。

あちこちに無料の駐車場はありますが
私たちは早かったのですんなり停められたけれど
あっという間にいっぱいになっていました。

諸堂共通内拝券という、拝観料がお得になるチケットを
「宿坊協会」で売っているというので
一旦そちらまで歩き(大門と逆方向)

さらに歩いて、再び大門へ。
けっこう距離があるのよね~~[あせあせ(飛び散る汗)]

でも心配されたお天気でしたが
快晴![晴れ]

空気が澄んでいるのか、空が青い!

IMG_5730.jpg

IMG_5731.jpg


大門から100mくらいのところに
「お助け地蔵尊」

写真を撮ることを忘れていてないんだけど
「一願地蔵」とも呼ばれていて
ひとつだけ願い事をかなえてくれるそうです。
もちろん願い事しました~♪

次は「壇上伽藍」へ。

IMG_5737.jpg

IMG_5738.jpg

何もかもでかくて、写真に入りませんが[あせあせ(飛び散る汗)]

ここは弘法大師が高野山を開創したときに
最初に真言密教の道場を建立したと言われる聖地。

広い敷地に金堂や御影堂、不動堂、西堂など
たくさんのお堂があります。

IMG_5739.jpg

IMG_5740.jpg

IMG_5741.jpg

IMG_5742.jpg

IMG_5743.jpg

ここには「三鈷の松」と言われる松の木があって
普通、松葉は2本だけれど
ここの松葉は3本らしく
拾うと幸せになる、と言われているそうで
松の下にはたくさんの人が探していました。

残念ながら見つけることはできなかったけど…
(探したんかいっ!笑)

同じタイミングで、
きっと四国八十八か所を回って来られたんだろうな~
と思われるご年配のご夫婦が
「南無大師遍照金剛」と書かれた巡礼白衣を着て
回られていました。
あとでわかったんだけど、このご夫婦は広島の方だった!


高野山の旅は続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0) 

紀州路①旅の始まり~♪ [感動]

今回のお盆休みに
以前からずっと行きたいと思っていた、
高野山と熊野古道へ行ってきました。

当初は2泊3日の計画で宿を予約。
でも回りたいところがてんこ盛りで
日程的にかなりタイト。

早朝出発あるいは夜中に出る?といろいろ考えたあげく
あまり強行軍で行くと疲れてしまうので
前日から出てもう一泊することにしました。
(よくホテルが取れたな…[たらーっ(汗)]

それでもお盆なので高速道路の渋滞は予測されるところなので
早めに出発。

下り車線は所々でかなりの渋滞が見られましたが
上りはまったく混むことなく、順調~♪

大阪を通り抜ける際に
モノレールだ~~!と驚く(笑)

IMG_5711.jpg


午後2時頃には、高野山のお膝元、
九度山町辺りに到着。

丹生都比売神社(にうつひめじんじゃ)

紀伊の国一の宮で、全国の丹生都比売神社の総本山で
世界遺産です。

IMG_5713.jpg

IMG_5714.jpg

IMG_5718.jpg

IMG_5715.jpg

IMG_5716.jpg


そして慈尊院。

ここは弘法大師が建立し、大師の母が住まわれていたというお寺。
こちらも世界遺産。

IMG_5723.jpg

女人高野として信仰を集め
子宝や安産祈願、乳がん平癒で有名なお寺だそうです。

そして高野山への出発点。
こちらの観音菩薩に祈願して高野山へと向かいます。

IMG_5722.jpg

とても素晴らしいお寺でした。
私的にはこの観音菩薩の前が
一番すごい!と感じた場所。

霊感があるわけではないけれど
ぶわぁ~とこみあげてくるものがありました。

うちのスタッフで、妊婦さんがいるので
安産祈願のお守りを購入。


境内の中に「みくじ石」というのがありました。

IMG_5724.jpg

お願い事をしながら石を持ち上げて
軽かったら大吉なんだって。

えーっと、重くはなかったけど
軽くもなかった…( ̄▽ ̄)

「吉」ということで…(笑)


今回の旅であちこちの神社やお寺を回りましたが
ほとんどの手水舎には龍がいました!

IMG_5721.jpg

こちらの辺りはこれがスタンダードなのかな?
龍は大好きなのでなんだかうれしくなります♪


今夜は橋本市泊。
ホテルまでの道すがら、あちこちで看板を見かけた、
「柿の葉寿司」

気になるじゃないかぁ~![ハート]

調べてみるとホテルの近くにお店がある♪
歩いて食べに行ってみました。

IMG_5727.jpg

初めは鯖だけだったそうですが
鮭や鯛、今の季節は鰻も。
秋には秋刀魚もあるんですよとお店の方が教えてくれました。

お店の方「明日は高野山ですか?」
私「はい、そうなんです!」
お店の方「ろうそく祭りに合わせて来られたんですか?」
私「えっ?ろうそく祭りって?」

と、調べもせずに来るもんだから
どうやら明日は高野山のろうそく祭りらしい。

ラッキー[グッド(上向き矢印)]
楽しみです[るんるん]

続く。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf)
nice!(0)  コメント(0) 

『「ありがとうを言う」と超健康になる』 [読んだ本]

516qqqfVJsL._SX341_BO1,204,203,200_.jpg

世界的宗教学者の町田宗鳳氏と
超小食実践者の森美智代(森鍼灸院院長)の共著


町田宗鳳氏の著書を読んだこともあり
森美智代さんは広島に来られた際に講演を聞きに行ったこともあり

お二人の共著をいうことで興味が沸いて読んでみました。


もう数年前ですが、2泊3日の断食に参加したこともあって
お二人が勧める小食にはとても共感。

「人は観念や理屈では変われないから
身体を変えるのが一番です」

との言葉は、ホントにそうだな~と感じます。


「自分の性格の一番嫌な面、欠点に感謝しましょう。
そのおかげで成長しているのだから」

なかなか自分の嫌な所に目を向けるのは
難しいですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

わざわざ向き合わなくても
目の前に嫌な人が現れたりすることで
自分の中にもその嫌な部分があることを気付かされること、
ありますよね。

相手の「いやだな」と思う部分は
必ず自分にもあるだから…

相手にムッとするんじゃなくて
「ありがとう」って思えたら
(最初は力技じゃないと思えないけど[たらーっ(汗)]

自分の中も浄化できる気がします。



また「物は心である」と書かれている章に共感しました。

普段から、私自身は
物に対しても声をかけているんですが
(でも周りに人がいるときはちょっと恥ずかしい)
自動車にも「ありがとう。よく頑張ってくれるね」とか
布団にも食器にもパソコンにも「ありがとう」

物が豊かな日本で、なぜ自殺者が多いのか…
子どもの頃から物を粗末に扱っていて
壊れたらすぐに捨てて買い替えたり
愛着を持たないうちに捨ててしまう…

だから物の逆襲を受けているんじゃないか、と書かれていました。


今、子どもたちに関わる仕事をしていますが
「(おもちゃを)もっと丁寧に使わないと壊れちゃうよ」と
子どもに言うと
「壊れたら買えばいいじゃん」と
平然と言われてびっくりしたことがあります。

家庭でもなかなか意識のない時代なのかもしれません。
100円である程度の物は手に入ったりするし
100円だから壊れてもまぁいいか…となりやすい。

大人でさえそうなのだから
子どもにわかるはずがない。

言葉で言ってもなかなか理解は難しいこと。
施設では子どもたちに
「脱いだ靴は両手で揃えて下駄箱に入れる」
ということを習慣にしています。

「なんで?」と聞かれることはよくあります。
「自分の靴は自分で大切に扱うんだよ」
「ていねいにきちんと揃えると気持ちいいでしょ」

わかったかわかってないのか、わからないけど
継続していくことで
心に浸透していけばいいなぁと考えています。


本の要点からちょっと脱線しちゃったけど
「ありがとう」と言う、そういう気持ちで物を扱う、
というのは、心が元気になっていくし

心が元気になれば、身体も元気になるんだな~[黒ハート]


やっぱりまた断食に参加したいし
家でもプチ断食しよ~♪






「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0)