So-net無料ブログ作成
読んだ本 ブログトップ
前の10件 | -

『自然のレッスン』 [読んだ本]


自然のレッスン (ちくま文庫)

自然のレッスン (ちくま文庫)

  • 作者: 北山 耕平
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/03/10
  • メディア: 文庫



人間はただ自然の中の一部であって
地球の支配者ではなく
あえて言えば大家さんのようなもの。

あらゆる生命にとってより良い環境となるべく
心を砕き、行動するのが人間の務めであって
その責任を持って生きることが
一番ナチュラルな気がします。

とはいえ、
世の中の便利なものを享受している中で
エラソーなことは言えないけれど

できるだけシンプルに
不自然でないものや生き方を選ぶ

ことが、私にとっては大切なこと。



そうすると、本当に必要な物って
実は少ないよね~という考えに落ち着きます。

もうすでに、たくさんの物を持つことが
豊かさの象徴ではなくなっている時代だし

大切なことを見据えて生きている人が多くなっているとは思うんですが・・・


この本は、長い文章ではなく
詩のような形で、シンプルに書かれているので
とっても読みやすいと思います。

3つの大きな章に分かれていて

心のこと
からだのこと
食べ物のこと

短い言葉でスーッと入ってくる感じです。

自分の立ち位置がわかってくるかもしれません。


ちょうどこの本を読んだ頃、
TVを点けるのをやめてみようと考えていました。

元々、あまりTVは見ないし
朝、TVを点けることはないのだけれど
夜もやめとこうかな~と。

なんとなく見たいわけでもないものを見ている時間って
要らないし

逆に疲れの要因になっている気がして。

映画を観るのは好きなので
そのときだけ点ける。

すると睡眠もしっかり取れるような気がしています。

まぁやっぱり夜はしっかる眠るのが「自然」だし
眠れると思考が前向きでシンプルになりますね[グッド(上向き矢印)]



「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆



パートさん募集中☆彡
詳しくはお問合せください。

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

f_こころん.jpg

nice!(0)  コメント(0) 

『食べなきゃ!危険』 [読んだ本]


食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足

食べなきゃ、危険!―食卓はミネラル不足

  • 作者: 小若 順一;国光 美佳;食品と暮らしの安全基金
  • 出版社/メーカー: 三五館
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



栄養素については興味があるけれど
正直、ちょっと読んでみようかな~くらいで
なんとなく購入した一冊。

でも予想外に興味深かったです♪


最近は「食べたら危険」「摂ったら危険」系の題名の本が多く
確かにインパクトがあるほうが注意を喚起するにはいいのかもしれないけれど
内容は確かに納得できるものが多くても
「絶対」的な書き方は「う~~ん・・・」という感じも受けるので

少々胸焼け状態ですが(笑)

この本は逆に「した方が良い」方の題名なので
いい印象ではなるけれど
それでもそこにフォーカスしていることには変わりないような気もします。(笑)



「発達障害」(だけではないけれど)の改善には
ミネラルがとても必要だという内容でした。

モニターさんの実例がたくさん載せられていて
ホントだったらすごいな!という改善内容でした。

もちろん科学的なエビデンスはないので
そういったものがないと信用できないと考える方には不向きかも知れませんが
私の感覚的には「おもしろい!」という感じ[グッド(上向き矢印)]


発達障害に良いかどうかは別としても
(賛否両論あるし)
全体的にミネラルが不足していて、
意識して摂った方が良いものだというのは
そうだよねーと思います。

今は情報が氾濫しているので
何を選択するかは自分次第。

なので、現在の段階で「すごいよ!」とは言えないので
取りあえずは自分の身体で試してみよう♪と
ミネラルが摂れるという「天然だし」を使ってみようと思います。

感想をご報告できたらいいな[ハート]


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆



パートさん募集中☆彡
詳しくはお問合せください。

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

f_こころん.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

『常識を疑うことから始めよう』 [読んだ本]


常識を疑うことから始めよう (Sanctuary books)

常識を疑うことから始めよう (Sanctuary books)

  • 作者: ひすい こたろう
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2013/03/15
  • メディア: 単行本




「常識と言われるものを疑ってかかる」
というのは
以前から疑り深いので(笑)
普通にやってる(と思ってる)けれど

まだまだ視点や発想の転換はいろいろあって、
どんどん広がっていくので
おもしろくて、ワクワクしながら読みました。



人生にはふたつの時間しかない
楽しんでいる時間か、学んでいる時間

目的をどう定めるかで
同じ出来事もまったく違うものになってくる。

ラクに生きることを目的にすると
面倒なことはやりたくなくなってしまうけれど
成長を目的にすれば
やりたくないこともやりがいに変わる。

それは楽しみなことになってきます。
おもしろがる力があれば
どんなところにいてもおもしろい毎日。



性格は変えようとしてもそうそう変わらない・・・
という認識なので
好きな性格、嫌いな性格って
誰でもあるんじゃないかと思うけれど

変えるんじゃなくて増やせばいい

なるほどね!と思いました。
人は誰でも相手によって出している面が違うと思うんです。
TPOに合わせて。

相手との関係性で生まれるものを性格と言うのならば
洋服のように増やせばいい。
いらなければ捨てることもできる。

と考えると、おもしろい♪



いつもこんなんでブログに記事を書いていいのかしらんと思うこともあるけれど

失敗を恐れて何もしないくらいなら
むしろ、未熟さを披露したほうがいい
未熟とは進化の伸び幅があるってこと
成長する喜びを大きく味わえる

と書かれていたので
未熟な自分を受け入れればいいのよね~と
妙に納得(o^-^o)

これからも私のペースで書いていけばいいのかな~
と思ってます。



あっという間に読み終えました。
おもしろい一冊です。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆


パートさん募集中☆彡
詳しくはお問合せください。

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

f_こころん.jpg

nice!(1)  コメント(0) 

『安全な食材は自分で選ぶ』 [読んだ本]


安全な食材は自分でえらぶ

安全な食材は自分でえらぶ

  • 作者: 野本 健司
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2017/07/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



私がナチュラルフードの勉強をしたセミナーの
講師のお一人でもある、野本健司さんの著書。

「食の安全を考える会」の代表でもあります。


これだけ毎日TVCMやスーパーの店頭で見かけると
多くの安全ではないものが正当化されている社会にあって

神経質にならずに、でもきちんと考えて選ぶことは
とても大切な時代になっていると感じます。

「これがいい!」とTVなどで話題になると
いっとき流行りますが

それだけで終わり、物によっては
実は「よくなかった!」と後で言われることも多かったり

大手企業のものだと、いつのまにか消えてしまって
なかったかのようになることも多々ありますね~(^-^;

じゃ、いったい何を選んだらいいの?
と、思うことはあるし
知れば知るほど、食べるものがないじゃないか~[たらーっ(汗)]
思ってしまうんです。


結局は、「自分の基準で自分が選ぶ」
それで不調や病気を招いたとしても
自分が選んだことなら納得します。

例えば、大きな常識になっている、「牛乳は身体に良い」
実は日本人には合っていないし
逆にカルシウムを消費してしまうということも
知られつつありますが

学校給食には必ず付いてるので
まだまだ浸透はしていないし
「骨が丈夫になる」と思って飲んでいる人は多いと思います。
(生乳ならいいみたいです)


私の場合、「シンプルなもの・自然なもの」を選ぶのが基準。
商品のラベルに書かれている数が少ないもの、
値段との折り合いもありますが
調味料は少々高くても、良い物を選びます。

この本には、いろんな食材について
何を基準に選ぶとよいか、とてもわかりやすく書かれていると思います。

いろんな本を読んだ私には
かなりソフトな書き方だな~と思いますが(笑)
「食」を気を付けたいと考えている方には
とても参考になると思います。

おススメです(^^)/


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆


f_こころん.jpg

パートさん募集中☆彡
詳しくはお問合せください。



Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

『子どもの病気は食事で治す』 [読んだ本]


子どもの病気は食事で治す

子どもの病気は食事で治す

  • 作者: 内山 葉子
  • 出版社/メーカー: 評言社
  • 発売日: 2014/09/04
  • メディア: 単行本



子どものアレルギー疾患や発達障がい、肥満、糖尿病などの生活習慣病など
子どもの病気が急増している、
その大きな要因のひとつには「食」にある・・・

もちろん食だけではないけれど
食事を考えれば、身体や心が変わり
病気への対処法もわかるかも…

著者はお医者さまですが
総合的な医療を考えておられて
自然医療や漢方、代替医療と西洋医学、
心のケアなども統合的に行っておられるそうです。

内容をピックアップするには
情報が満載過ぎて
どれもとても参考になるお話だったので
目次をざっくりご紹介。

序章 間違いだらけだった「ベストセラー育児書」

第一章 子どもの年齢によって適した食事がある
   1.子どもの食事は生涯の健康を左右する
   2.胎児の食事ーお母さんは何を食べたらよいか
   3.赤ちゃんの食事ー最適な食事は何といっても母乳
   4.3歳からの食事ー子どもの食物とエネルギー代謝
   5.15歳からの食事ー身体の基礎を作る

第二章 こんな子どもの病気の原因に食べ物があった
   1.異常な行動をする子どもたちーある種の食べ物や薬が「発達障害」の子を増やす
   2.重金属と添加物は子どもに深刻な害を与えるーワクチン、歯科金属、加工食品は危険な物質
   3.糖と肥満と反応性低血糖症ージャンクフードと高GI・高糖化食品の怖さ

第三章 アレルギーは食養生で治す
   1.アレルギーの原因となるものを除去する
   2.遅延型アレルギーは腸を元気にすれば改善する

第四章 免疫力を高める腸内細菌と酵素
   1.健全な腸内細菌叢が感染症から守ってくれる
   2.栄養吸収や免疫を左右する最も重要な臓器
   3.免疫ー人体を守るスーパーシステム
   4.酵素ー体内に2万種類あって猛スピードで働く
   5.サプリメントー正しい食生活をしていることが前提

知識として知っていたこともたくさんありましたが
理由が明確でわかりやすく書かれています。

自分が子育てしていた頃にあったらな~~と思った一冊。
スタッフに妊婦さんがいるので
ぜひ読んでもらおう♪(笑)


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg



Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

『手放すほど豊かになる』 [読んだ本]


手放すほど、豊かになる (PHP文庫)

手放すほど、豊かになる (PHP文庫)

  • 作者: 枡野 俊明
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/02/03
  • メディア: 文庫



いつもホントにいいタイミングで
必要な本に出会うなぁ~と感じます。

ちょうど、家の中にあるものを整理することで
自分の心の整理もしたいなと考えていたところ。

大型のものはリサイクルショップにお願いしようと問い合わせていて
でもお互いの都合の日時が合わず
まだ取りに来てもらっていなかったのだけれど

そんな中で、
私がある方との会話の中でちらっとその話をしていたら

処分されると話を聞いたので
と、必要とされている方からの連絡が入りました。

自然な流れ…が一番。


この本の中では
単に物の整理だけのお話ではなく

こだわりを手放すことや
物や人への関わり方、
自分自身の生き方そのもの、など

とてもシンプルで、心豊かになる思考のことが
書かれているように思います。


日々、時間に追われるような毎日。
そこで、時間を手放す。

何もしない時間はもったいないような気がしますが
(特に私なんかは何かしていないと落ち着かない気持ちになりやすい[たらーっ(汗)]

あえて何もせず、いわゆる座禅のような時間を作ることで
急ぐばかりでなく
労力を惜しまず、手間ひまかけることの大切さを
感じることができるのでしょうね。

心静かになる一冊です。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg



Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

『「神様アンテナ」を磨く方法』 [読んだ本]


「神様アンテナ」を磨く方法 誰もが感じているのに気づいていない幸運のサイン

「神様アンテナ」を磨く方法 誰もが感じているのに気づいていない幸運のサイン

  • 作者: 桜井 識子
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2015/12/11
  • メディア: 単行本



最近ドはまりの(笑)桜井識子さんの著書。
ご自分の体験や感覚からのお話が
とても自然体で押し付けがましくなく
ふわ~っと入ってくるのでとても好きです。


神社仏閣の参拝時のタブーだったり
トイレの神様のお話だったり
とてもおもしろくて興味深い内容でした。

喪中や女性の生理中の参拝はやめた方がよいとか
喪中期間も関係性によって違ったり

なぜそうなのかということも書かれてあって
「へぇぇ~~[ひらめき]」がいっぱいでした。


トイレ掃除と金運の関係は
いろんな情報がありますが

やっぱりそうなのね~~[グッド(上向き矢印)]と、
そっか、じゃやろう!みたいなこともあって
楽しめます[黒ハート]


「徳を積む」という善行と
それまでしてきた悪行が相殺になるのかというと
そんなことはなくて

悪行は悪行でカウントされるので
それなりのお叱りの出来事が巡ってくるようです。

人からの親切は遠慮せずに受けることが
その方の「徳を積む」お手伝いになるそうなので
素直に受け取るのがよいそうですよ~[ハート]

ブログもとてもおもしろいので
おススメです~(*^▽^*)



「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg



Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

qrimg-S78060995.jpg

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0) 

『宇宙のレシピ』 [読んだ本]


宇宙のレシピ 作って食べて人生が変わる『幸せごはん』

宇宙のレシピ 作って食べて人生が変わる『幸せごはん』

  • 作者: カノウユミコ
  • 出版社/メーカー: ヒカルランド
  • 発売日: 2017/02/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




野菜料理研究家のカノウユミコさんの著書。
料理本は持っていないけれど
図書館で借りて参考にしたことがあります。

「何を食べるかは、私たちの身体だけでなく、
私たちの人生や運命も左右する」

リフレクソロジーやリンパマッサージなど
身体に関わるお仕事をさせていただいてきた中で

実感するのは
「自分の身体は自分で守る」のが一番の近道。


病院でも薬でもマッサージでもサプリでもなく
自分の身体の感覚が一番なんだな~と感じます。
原因を治さないと症状は改善しない・・・
対処的ではまたもとに戻ってしまいます。


もちろん限界を超えるとそういったものの助けを借りることも
時には必要ですが
そこに至る前に、自分の身体の状態を知り
何が自分に合っているか、自分なりの手段を知り
調整できる身体感覚と実行力…
次第なんじゃないかなぁ~



その手段のひとつが「食」

五感は心と体を守るもの。
その感覚を研ぎ澄ますためにも
身体を作る食べ物は何を選ぶかはとても重要なことだと感じます。

食べたい物はたいてい手に入り
過食状態の現代の日本においては
ことさら大事。

「エネルギーの高いものを食べる」

人間でもオーラのすごい人は感じるように
食べ物のエネルギーの高さも大事なんですね。

自然に育ったものや火を使って調理したものは
やっぱり高いと感じます。


この本の中にもおもしろいレシピが所々に入っていますが
どれも分量は書かれていません。

同じ食材でもひとつひとつが違うから
その時の感覚で合うように作っていく。
直感を研ぎ澄ませて食材に向かう。

とても大切な姿勢だな~と感じました。
最初は難しいので、少しずつですが
きっと体験していくとわかるんだと思うんです。

そして、食材よりも重要なのが
水と調味料。

これもホントにそう思っている部分なので
とっても共感。


私自身、梅雨から夏にかけては
自律神経系がけっこうやばくて
毎年ばてるんだけど

今年はちょっと前から
自家製のドクダミ茶や購入してきた野草茶をブレンドしたお茶を飲んでるせいか、
割りと元気に過ごせています。

自然の力ってやっぱりすごいんだな~と
自分の身体で実感[ぴかぴか(新しい)]

今まで、植えてはいたけど
あまり活用していなかったハーブを
もうちょっと活用してみようと思います♪

いいタイミングで
いい本に出会った感じ[ハートたち(複数ハート)]


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

『「ありがとうを言う」と超健康になる』 [読んだ本]

516qqqfVJsL._SX341_BO1,204,203,200_.jpg

世界的宗教学者の町田宗鳳氏と
超小食実践者の森美智代(森鍼灸院院長)の共著


町田宗鳳氏の著書を読んだこともあり
森美智代さんは広島に来られた際に講演を聞きに行ったこともあり

お二人の共著をいうことで興味が沸いて読んでみました。


もう数年前ですが、2泊3日の断食に参加したこともあって
お二人が勧める小食にはとても共感。

「人は観念や理屈では変われないから
身体を変えるのが一番です」

との言葉は、ホントにそうだな~と感じます。


「自分の性格の一番嫌な面、欠点に感謝しましょう。
そのおかげで成長しているのだから」

なかなか自分の嫌な所に目を向けるのは
難しいですよね[あせあせ(飛び散る汗)]

わざわざ向き合わなくても
目の前に嫌な人が現れたりすることで
自分の中にもその嫌な部分があることを気付かされること、
ありますよね。

相手の「いやだな」と思う部分は
必ず自分にもあるだから…

相手にムッとするんじゃなくて
「ありがとう」って思えたら
(最初は力技じゃないと思えないけど[たらーっ(汗)]

自分の中も浄化できる気がします。



また「物は心である」と書かれている章に共感しました。

普段から、私自身は
物に対しても声をかけているんですが
(でも周りに人がいるときはちょっと恥ずかしい)
自動車にも「ありがとう。よく頑張ってくれるね」とか
布団にも食器にもパソコンにも「ありがとう」

物が豊かな日本で、なぜ自殺者が多いのか…
子どもの頃から物を粗末に扱っていて
壊れたらすぐに捨てて買い替えたり
愛着を持たないうちに捨ててしまう…

だから物の逆襲を受けているんじゃないか、と書かれていました。


今、子どもたちに関わる仕事をしていますが
「(おもちゃを)もっと丁寧に使わないと壊れちゃうよ」と
子どもに言うと
「壊れたら買えばいいじゃん」と
平然と言われてびっくりしたことがあります。

家庭でもなかなか意識のない時代なのかもしれません。
100円である程度の物は手に入ったりするし
100円だから壊れてもまぁいいか…となりやすい。

大人でさえそうなのだから
子どもにわかるはずがない。

言葉で言ってもなかなか理解は難しいこと。
施設では子どもたちに
「脱いだ靴は両手で揃えて下駄箱に入れる」
ということを習慣にしています。

「なんで?」と聞かれることはよくあります。
「自分の靴は自分で大切に扱うんだよ」
「ていねいにきちんと揃えると気持ちいいでしょ」

わかったかわかってないのか、わからないけど
継続していくことで
心に浸透していけばいいなぁと考えています。


本の要点からちょっと脱線しちゃったけど
「ありがとう」と言う、そういう気持ちで物を扱う、
というのは、心が元気になっていくし

心が元気になれば、身体も元気になるんだな~[黒ハート]


やっぱりまた断食に参加したいし
家でもプチ断食しよ~♪






「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0) 

『金持ち体質と貧乏体質』 [読んだ本]


金持ち体質と貧乏体質

金持ち体質と貧乏体質

  • 作者: 石原 加受子
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2016/10/26
  • メディア: 単行本



「確かに…(^-^;」と思ってしまう、
おもしろい内容の一冊でした。



口では「お金持ちになりたい」と言っていても
潜在意識がブレーキをかけていることがほとんどらしい(^-^;

「貧乏体質3原則」
○争って奪い合う
○我慢する
○罪悪感を覚える

過去の経験の積み重ねで
形成されてしまうものだけど

「頑張らないでお金持ちになることはありえない」
「だから我慢は必要なこと」
「頑張れない自分はダメなんだ」(自己否定)

などなど、一般的にベースとなっている感覚かもしれません。


思考は行動になり
行動が習慣になり
現実を作っていくわけですねー

「言動パターン」を変えることで
勝手にお金持ちになる!

いいね~~[グッド(上向き矢印)]

巻末辺りに
金持ち体質と貧乏体質チェックリストがあって
それでチェックしていくと
以前に比べると
「金持ち体質」の考え方になっているような(笑)

・・・気はする(≧∇≦)


思考を変えるヒントになる一冊でした。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg



リラクゼーション&スクールのお問い合わせ・ご予約は下記へ

Green leaf 「出水の森」 082-578-1049
メールはこちらへ


[かわいい]各種資格取得講座受講生募集中[かわいい]
◎リフレクソロジー(英国式・台湾式)
◎リンパマッサージ
◎ベビーケアアドバイザー

[かわいい]体験講座も随時受付中[かわいい]

◎ハンド&ヘッドマッサージ体験講座
◎リフレクソロジー体験講座(英国式)

◎耳ツボジュエリー

☆個別指導・出張可

qrimg-S78060995.jpg


 合同会社 Green Leaf  

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 読んだ本 ブログトップ