So-net無料ブログ作成

紀州路⑪旅の終わり [感動]

最後は本州最南端の岬を回って帰ります。

その途中、串本という所に
「橋杭岩」というのがあります。

この辺りに来る頃には
すっかり雨も上がり、ときおり日も射してきた♪

IMG_5847.jpg

IMG_5844.jpg

海の中に奇岩が立ち並んでいます。
ここは弘法大師が向かいの紀伊大島へ
橋を架けようとした橋げたの跡だという伝説があるそうです。

実は「流れ込んだマグマが冷え
柔らかい地層の所が浸食されてできた」
と、目の前にある道の駅「はしくい」に書かれていました(^▽^;)

浅瀬になっていて、親子連れがたくさん遊んでいました。

IMG_5848.jpg



そして本州最南端の潮岬(しおのみさき)灯台へ。

IMG_5850.jpg

ころころ変わるお天気。
また少し雲がかかり、太平洋の水平線も霞んでますが

IMG_5849.jpg

太平洋の色ってきれいだな~~[黒ハート]
って、やっぱり思う(*^▽^*)

高所嫌いだけど、灯台に上って太平洋を撮ってみました(≧◇≦)


和歌山県は初めて訪れて
まだまだ見たい所はいっぱいです。
またぜひ行きたい!


☆番外編

やっぱり和歌山、「梅茶漬け」の梅がでかい[ハート]

IMG_5821.jpg


「梅のソフトクリーム」も♪
意外にあり!のおいしさでした。

IMG_5843.jpg


那智勝浦では、マグロとクジラが名物のようですが
マグロを食べないので、「クジラの干物」を食べた♪

IMG_5822.jpg


中国地方で果物が多いのは岡山県ですが
紀州のみかんも有名だし
あちこちで梅の木もだけど
みかんや柿の木もいっぱい見かけました。

で、「みかんパン」

IMG_5851.jpg


感動がいっぱい、美味しい物もいっぱいの旅でした[黒ハート]
よく走ってくれた車にも感謝感謝[ハートたち(複数ハート)]


もしも全部読んでくださった方がおられたら
お付き合いくださってホントにありがとうございます[ぴかぴか(新しい)]

いっぱい働いて、合間にあちこち旅するのが
今の楽しみ[るんるん]

こうやって書くことで
また一層ありがたさを感じることができます。

感謝感謝です[ぴかぴか(新しい)]


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑩那智の滝と飛瀧神社~熊野那智大社 [感動]

最後の日は朝から雨。
数日前からの天気予報では
全日、曇りや雨マークだったので
ホントにラッキーなお天気が続いていました。

別に雨は嫌いじゃないのでいいんだけど
傘を持って歩くのがちょい面倒ですよね(^-^;

泊まったホテルから、那智の滝までは車で10分くらい。
今回、ほとんどの場所で無料駐車場でしたが
ここは何箇所かの有料駐車場がありました。

那智の滝と飛瀧神社への入り口のところに鳥居と
大きな杉が両側に立っていて(自然の鳥居みたいに)

そこを目にした瞬間、
「おおぉぉぉ~~!!」と声が出る!

ここから聖域、というのがわかりやすいくらい
すごい場所。

でも…帰ってから見たら写真を撮ってなかった[たらーっ(汗)]

ここから滝までの参道は
ホントにすごいです!
霊感なくてもわかりやすい氣が満ちてます。

小雨がぱらついてはいましたが
ほとんど傘は使わないくらいになって
ついてるな~♪


那智の滝

IMG_5825.jpg

私たちが到着したときは
滝の上まで見えていたけれど
その後見る見る間に霧がかかり、
くっきりとは見えなくなりました。

ここ大好き~~[黒ハート]
今回の旅では、この那智の滝と飛瀧神社、そして玉置神社が
とってもよかった~~[グッド(上向き矢印)]



護摩木を焚いたり、ジャンボおみくじを引いてみたり♪
けっこうな重さでした。

IMG_5826.jpg


とってもとっても立ち去りがたい気持ちで
飛瀧神社と那智の滝を後にして

熊野那智大社へ。
すぐ隣なので歩いて行けるんですが…

またもやこんな素晴らしい道!

IMG_5842.jpg

IMG_5828.jpg

IMG_5838.jpg

IMG_5853.jpg

こういう道、大好き[黒ハート]
なんだけど…かなりの急勾配で汗だくです。

そして到着。
いきなりきれいに整備されてる(^▽^;)

IMG_5829.jpg


境内にある、「胎内くぐり」

樹齢800年と言われる楠の木の中を
願い事を書いた護摩木を持って潜り抜けると
願い事が叶うと言われているそうです。

根元の所へ少し降りて入ります。

IMG_5830.jpg

中に小さな金属の階段があって
それを登ると

IMG_5831.jpg

楠の木の途中に出てくるようになっていて
そこからまた取り付けてある階段を下りるようになっていました。

IMG_5832.jpg



すぐお隣の「那智山青巌渡寺(なちさんせいがんとじ)」へ。

IMG_5833.jpg

神社とお寺が混在してして
日本ってホントに不思議で
こだわらないというか、おおらかというか
そんな気持ちになります。

今回の旅では、あちこちでたくさんのご真言に出会えたけれど
ここでは大黒天のご真言に出会えました。

IMG_5834.jpg

ここの三重塔越しにも那智の滝が見えます。
少し霧にかすんでますが
それも素敵[ぴかぴか(新しい)]

IMG_5836.jpg


続く。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑨熊野本宮大社~大斎原 [感動]

熊野本宮大社は
全国に約3000社ある熊野神社の総本宮で
熊野三山の聖地。

なかなかの石段ですよ~~[あせあせ(飛び散る汗)]

IMG_5797.jpg

神門

IMG_5792.jpg

昔は社殿は熊野川の大斎原のところにあったそうですが
明治時代に熊野川の氾濫で流され、
今の場所に移されたようです。

IMG_5795.jpg


熊野三山の神の使いとされる「八咫烏(やたがらす)」
日本サッカー協会のマークにもなっている、
三本足の烏。

ポストも。

IMG_5807.jpg

それを意識したからか、烏の鳴き声をよく聞いた気がします。
熊野古道を歩いている時も…

そういえば、玉置神社に行った際も
やたらと烏の鳴き声を聞いたなぁ~
なんだかラッキーな気分になります(笑)

ここでサッカーをしている息子に
八咫烏のマークの入ったお守りを購入しました(*^▽^*)



そして大鳥居が立つ、「大斎原(おおゆのはら)」へ。
旧社地。

IMG_5809.jpg


IMG_5810.jpg


この大鳥居をくぐり、少し歩いて左に行くと
熊野川の河原に出ます。

昔はここで禊をしてからお詣りしたという場所。
自然の手水舎みたいな感じなのかな。

ここは凄い!
何とも言えない風が吹き
せせらぎが不思議な雰囲気を醸し出しています。

無になる感じ…?

パワースポットだな~[ぴかぴか(新しい)]

IMG_5812.jpg

着いた時には数人の人がいたのに
いつのまにか私たちだけになって
川の音と風の音だけ…[ぴかぴか(新しい)]

持ち歩いているパワーストーンのブレスレットを
しばらく川の水に浸して浄化。

川の側まで来るとわからないんだけど
川沿いの道路を通る時、上から川を見ると
エメラルドグリーンのとてもきれいな色なんです。



すぐ近くの「産田社」にもお詣り。

IMG_5814.jpg

ここは八百万の神々を生んだ伊弉諾尊(イザナギノミコト)が祀られていて、
子宝や安産のご利益があるそうです。
ここでもスタッフの安産をお願いしました。

熊野古道や本宮をしっかりと満喫して

今夜は那智勝浦泊。
ホテルに向かいます。

続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑧熊野古道 中辺路(なかへち) [感動]

熊野へ向かう途中の道沿いに
いきなりすごい滝が!

IMG_5789.jpg

山が深いためか、観光地になりそうなレベルの滝が
道路沿いにいきなり出現します。


熊野古道にはたくさんのルートがあって
熊野本宮大社への熊野詣のために
昔の人たちが歩いた道。

その中の中辺路は、ポピュラーで初心者向けのコースらしいです。
約7㎞、所要時間3時間とガイドブックに書かれていました。

車で行っているので
一旦、熊野本宮大社近くの駐車場に停め
バスで「発心門王子(ほっしんもんおうじ)」まで行き
そこから歩いて戻ってきます。

完全にレジャーですね( ̄▽ ̄)

昔の人からしたら
熊野本宮に到着してるんだから
なんでわざわざ戻って歩くの??
って話ですよね。

しかも次のバスの時間までが少し開いていたので
先に熊野本宮大社にお詣り(笑)

IMG_5791.jpg

本宮のことはあとで書くことにして
とりあえず腹ごしらえ!

というか、このあたりの名物「めはり寿司」を食べてみたかった!
すぐ近くのお店に幟が立っていたので入ってみました。

IMG_5790.jpg

高菜で巻いてあるんですが
ちょっと広島菜っぽくておいしかった♪

そしてバスに乗って、発心門王子へ。
同じように歩く気満々の観光客の方がたくさん乗っておられました。

IMG_5798.jpg

IMG_5799.jpg

最初は生活道のようなアスファルトの道を歩き
左右には民家も点在する道。

IMG_5815.jpg

そして少しずつ山の中へ。

IMG_5816.jpg

IMG_5800.jpg

IMG_5801.jpg

IMG_5817.jpg

IMG_5806.jpg

IMG_5820.jpg

ずっとこんな山道を登ったり下ったり
てくてくと歩いていきます。
昔の人ってすごいな~
それしか手段がなかったとはいえ、
もっともっとすごい距離を歩いていたのね~~

でもアスファルトの道を歩くのと違って
自然のパワーはいっぱいですね。

途中の伏拝王子(ふしおがみおうじ)のところに
昔で言う「茶屋」のようなお店があって
そこでアイスコーヒーを頂いて
ちょっぴり休憩[喫茶店]
トイレもあります。

「ここからはあと1時間くらいだよ」と言われ
よっしゃー!と再び気力が[グッド(上向き矢印)]

約2時間10分で到着しました。
汗だくで脚は棒ですが、意外に元気[るんるん]

バスに乗る前に見かけていた、
「黒飴ソフトクリーム」
(黒飴が特産品みたいです)

IMG_5808.jpg

戻ったら食べるぞー!と思いながら
歩いた~(笑)

歩く前だと甘すぎだったかもしれないけれど
歩いた後だからか、この甘さがうまい~~[黒ハート]

そして熊野本宮大社です。

続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑦玉置神社 [感動]

高野山の朝。

IMG_5782.jpg

真夏だけど少し涼しいくらいの気持ちの良い朝[ぴかぴか(新しい)]
お日さま、大好き[晴れ]

早朝、宿坊での朝のお勤めに参加させていただきました。
読経や焼香、そんなに長い時間ではありませんが
(お寺の方のお勤めはまだ続いていましたが)
早朝の清々しい空気の中のお勤めは
少しゆっくりあるいは止まってみる、という体験になったような気がします。



この日は、熊野古道へと向かいます。
通常、「熊野三社」と言われるのは
「熊野本宮大社」「速玉大社」「那智大社」ですが
私が大好きな、ブロガーで本も出されている識子さんのおススメの
「玉置神社(たまきじんじゃ)」に行ってみたかったんです。

桜井識子オフィシャルブログはこちら



どのルートがいいのかなぁ~と思いつつ
先に熊野本宮へ行ってから玉置神社…と考えていたので
とりあえず熊野本宮大社をナビで検索すると
ちょっと立ち寄りたかった「曼荼羅美術館」の辺りは通らない…
でもどちらにしても寄ってる時間はないかもなので
ナビどおりが行ってみると

いきなり「玉置神社」の看板が!
おぉー!こっちで大正解だわ[黒ハート]
先にこちらに行ってみよう♪

とはいえ、かなりの山の中。
延々、細い山道を走り到着。

IMG_5783.jpg

駐車場のすぐそばのこの鳥居から
さらにしばらく参道(まぁまぁな山道です)を歩いて
えーっと今日は熊野古道もあるくんですよね?(^-^;
大丈夫か?私の脚…

でも車で山道を登って来る時から感じていたけれど
ここはとっても優しい氣に満ちています。
わぁ~~~なんだ、こんなとこ初めて!
くらいに柔らかく包まれている感覚。

IMG_5784.jpg

素敵なところだな~~とうれしくなって歩いていると
参道の左手上辺りに
「おぉー!あなたは何者ですか?!
絶対、ここのご神木ですよね!」
という迫力の大木が見えます。

ここからは上がれないけれど
境内の後ろの辺りから回って近くまで行けました。

IMG_5786.jpg

IMG_5787.jpg

ものすごい存在感と凛とした姿に
ドキドキします[ぴかぴか(新しい)]


すぐ近くには「夫婦杉」も。

IMG_5785.jpg

こちらもけっこうな大木です。

玉置神社は小さなお社ですが
とても素敵な所でした。

「包まれている」という感覚が
一番ぴったりかな。


駐車場まで戻ると汗だく。
小さなお店があって
おっちゃんが「じゃばらサイダー、おいしいよ!」と勧めるので
さっそく(笑)

IMG_5788.jpg

なかなかの酸味と苦みの柑橘系。
汗をかいたあとにはぴったりかも!

そして熊野本宮大社へと向かいます。


続く。。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑥高野山 奥の院ろうそく祭り~宿坊 [感動]

食事のあと、奥の院のろうそく祭りへ出かけました。

もう歩けない…くらいの脚。
一度目は歩いて行ったけれど
今度はバスに乗っていくことにしました。

この日は臨時バスも出ていました。
奥の院は終点。
バスを降りたら、人・人・人!

あちこちでろうそくを配っていて
観光客などが参道の両脇にろうそくを立てていきます。

IMG_5771.jpg

IMG_5772.jpg

IMG_5777.jpg

IMG_5775.jpg

とても幻想的。
雰囲気に流されて、足の疲れも忘れます(笑)
でも人が多くて、ちょっと見えにくいかも(^-^;

ゆるキャラ「こうやくん」

IMG_5770.jpg

かわいい~[黒ハート]


願い事を書いたろうそくを置いて
文字をかたどっていきます。
ろうそくを購入して参加しました。

IMG_5776.jpg

今年は「灯」という文字のようです。
(年によって変わるみたいです)

ろうそくの灯りはとても優しくて
そしてこんなにたくさんの灯りと
たくさんの人々で
きっとお墓の中の人たちも寂しくないよね(*^▽^*)


夜店もいっぱい並んで
まだまだ賑わっていましたが
精進料理でお腹がいっぱい。
今は食べない種類のものが多いので
夜店はスルー。

宿坊の入浴時間に間に合わなくなると困るので
少し早めに戻りました。

訪れた日が、年に一度のろうそく祭りで
ホントにラッキーでした。

奥の院、ぜひまたゆっくり訪れたい!
結局、お土産物屋などはまったく見ている時間がなかったので
今度はゆっくりの日程にしたいな~


明日は熊野古道へ向けて出発!

脚がもつかしら・・・・[たらーっ(汗)]


続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路⑤高野山 奥の院と宿坊 [感動]

高野山の一日は満載!

日が暮れるまでに奥の院まで行っときたい!
先に今夜の宿坊となる「持明院」へ行き
車と荷物を置かせていただいて
出かけることにしました。

もうすでに脚は棒ですが…[あせあせ(飛び散る汗)]


奥の院は、弘法大師の眠る御廟があります。
そこまでの道の左右には
歴史上の武将や、現在の企業の墓所など
本当に多くの墓が並び
それ以上に、大木になった杉を始めとする木々が囲み
木々の中に墓が並ぶ…という風景。
荘厳な雰囲気となっていました。

IMG_5766.jpg

武田信玄・勝頼、上杉謙信、伊達政宗、
石田三成、明智光秀、
毛利家、浅野家、加賀前田家、薩摩島津家などなど

歴史上で聞いた名前のオンパレード。

徳川家の墓所は別の場所にとても大きいものがありましたが
意外に小さかった豊臣家、そして織田信長。

IMG_5765.jpg

奥の院の手前の「御廟橋」のところからは
写真撮影禁止。

荘厳で、凛とした空気感で、
多くの人がいるのに静か(な印象を受ける)、
ぶわ~っと込み上げてくる何かがあるんですね。

参道の脇の祠に収められている「弥勒石」を
下段から上段へ片手で持ち上げられれば
願いが叶うと言われているそうです。

やってみたかったけれど
長蛇の列( ̄▽ ̄)

あきらめて、とりあえず宿坊へと戻ります。
宿坊は初体験。
高野山には多くのお寺があり
おそらくほとんどで宿坊をされていると思われます。

チケットを購入した宿坊協会で頂いたパンフレットには
52の宿坊寺院が載っていました。


IMG_5781.jpg

スリッパが用意されているんだけど
木造の床だし、素足がいいなぁ~♪
お寺の床っていいよね。
(と思うのは私だけかな?)



今夜は奥の院の「ろうそく祭り」

一旦、宿坊で食事をして
日が暮れてからまた出かけます。

精進料理ですが、量が多い~~!
でもお肉を食べない私たちにはぴったり♪
ありがたいお食事でした[黒ハート]

IMG_5767.jpg


続く。。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

nice!(0)  コメント(0) 

紀州路④高野山 徳川家墓所~大師教会での受戒体験 [感動]

金剛峯寺を後にして
徳川家墓所へ。

徳川家康、秀忠の墓所があります。

正直、お墓だし…
くらいの気持ちで行ったんだけれど
家康の墓所は、けっこうな迫力なんです。

やっぱりすごい人だったんだろうなぁ~
さすがに家康!と思いながら(おこがましくも…[たらーっ(汗)]
秀忠の墓所へ行くと

こちらもやっぱりすごいんです!
歴史好きの私としては、
あぁそうだよね~と改めて感じるところでした。

IMG_5758.jpg

IMG_5759.jpg



高野山 大師協会

IMG_5728.jpg

共通拝観のチケットを購入した際に
こちらで行われる「受戒」も体験できるということを聞いたので
時間を合わせて体験に行くことにしました。


でもまず!そろそろ小腹が空いてきたぞ~(*^▽^*)
普段は2食だから食べなくてもいいんだけど
時間調整&休憩を兼ねて

ちょっと気になったお店に入ってみました。
満員!

IMG_5762.jpg

カレーうどんが気になるっ!

IMG_5744.jpg

と、頼んだあとで
あぁやばい・・・・今日は白い上着、着てる…[たらーっ(汗)]
ちょいやばいことにはなったけど
とりあえず惨事にはならず・・・(^-^;

この店内だけのことではないんだけれど
とにかく海外の方がホントに多かったです。

私たちの隣の席も
おそらくフランス語と思われる言語が
ひっきりなしに飛び交う。
ホント!よくしゃべるなぁ~いつ食べてる?という感じ(笑)

「いただきます」だけ日本語でした!


そして「受戒」体験へ。

昼間の月も青空に映えて美しい[ぴかぴか(新しい)]

IMG_5729.jpg

(見えるかなぁ…[あせあせ(飛び散る汗)]

もちろん写真は撮れないのでないんですが…
初めての受戒体験は
ちょっとドキドキ[グッド(上向き矢印)]

出家するわけではないけれど
在家で仏の定めた戒を授かるという体験ができます。
この時に、広島から来られていた巡礼白衣を着たご夫婦も
一緒のタイミングで受戒体験。


心を清める、定める、自分を律するなどが目的なのかな~
真っ暗な中で、香の匂いや読経に厳かな気持ちになって、
ほんの少し心静かに自分を見つめる時間にもなります。
海外の方も体験されていました。

いい体験をさせていただきました[ぴかぴか(新しい)]


続く。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0) 

紀州路③高野山 霊宝館~金剛峯寺 [感動]

次は霊宝館へ、

高野山の重要な文化遺産約5万点を保存されている施設です。

中はクーラーが入ってなくて
もわぁっとする暑さだったけど

貴重な美術品がものすごい数で圧倒されます。
平清盛が頭の血を絵具に混ぜて描かせたという、
「血曼荼羅」(両界曼荼羅)は迫力です。

豊臣秀吉の養子・秀次が自刀したという部屋や
皇室の方が来られた際に泊まられるための部屋など
(だったと思う…記憶があいまい…[たらーっ(汗)]

金箔が張り巡らされた襖が四方にあって
こりゃ眠れないんじゃないかしらん…と
心の中で思いながら、拝観しました(^-^;

もちろん作品の写真は撮れないのでないけど
ネットで公開されている写真 ↓

pic_spot_03.jpg



次の金剛峯寺へと向かいます。


「金剛峯寺」へ向かう途中、
「常喜院」というお寺があって
そこに「赤地蔵」と書かれた幟があり
気になって入ってみました。

「常喜院」って名前もいいよね~[黒ハート]
「常に喜ぶ」んだもの、幸せな感じがします。

いろいろな願掛けのお地蔵さまが並び
お香の匂いと煙が立ち込めています。

お庭には、手の平の形をした椅子(?)
座ると願いが叶うというので
座らなくっちゃ♪

IMG_5749.jpg

IMG_5764.jpg


そして金剛峯寺へ。

とにかく「でかい!」
境内は、ご神木になりそうなレベルの杉の大木が
乱立してます。
それだけでもその場の氣がすごい!

IMG_5760.jpg

IMG_5732.jpg

IMG_5754.jpg

縁側を回るような感じの通路からはお庭も見えます。

IMG_5757.jpg

ちょうど、作家の家田荘子さんが講演(?)されていて
でも私たちがそこに着いた時にはほとんど終わっていたので
お茶とお菓子だけ頂いて(無料で頂けます)

IMG_5755.jpg


ど迫力!
これだけ観光客がいても
場が澄んでいる感覚は
伊勢神宮と同じ感じ。

感動の連続です。

続く。。。。


「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ


nice!(0)  コメント(0) 

紀州路②高野山 大門~壇上伽藍 [感動]

2日目。
朝から高野山へ。

誰が高野山を一日で回ることにしたんだー!
と言いたくなるくらい
一日ではかなりハード。

見どころ満載ですもん。


入口の大門が見えたとたん、
「おぉぉぉー!!」と思わず声が出ます。
とにかくでっかい!

IMG_5735.jpg

IMG_5748.jpg

IMG_5746.jpg


高野山はどこか一か所の駐車場に停めて
歩いて回ろうと思っていたので
一度、大門を通り過ぎ、駐車場へ。

あちこちに無料の駐車場はありますが
私たちは早かったのですんなり停められたけれど
あっという間にいっぱいになっていました。

諸堂共通内拝券という、拝観料がお得になるチケットを
「宿坊協会」で売っているというので
一旦そちらまで歩き(大門と逆方向)

さらに歩いて、再び大門へ。
けっこう距離があるのよね~~[あせあせ(飛び散る汗)]

でも心配されたお天気でしたが
快晴![晴れ]

空気が澄んでいるのか、空が青い!

IMG_5730.jpg

IMG_5731.jpg


大門から100mくらいのところに
「お助け地蔵尊」

写真を撮ることを忘れていてないんだけど
「一願地蔵」とも呼ばれていて
ひとつだけ願い事をかなえてくれるそうです。
もちろん願い事しました~♪

次は「壇上伽藍」へ。

IMG_5737.jpg

IMG_5738.jpg

何もかもでかくて、写真に入りませんが[あせあせ(飛び散る汗)]

ここは弘法大師が高野山を開創したときに
最初に真言密教の道場を建立したと言われる聖地。

広い敷地に金堂や御影堂、不動堂、西堂など
たくさんのお堂があります。

IMG_5739.jpg

IMG_5740.jpg

IMG_5741.jpg

IMG_5742.jpg

IMG_5743.jpg

ここには「三鈷の松」と言われる松の木があって
普通、松葉は2本だけれど
ここの松葉は3本らしく
拾うと幸せになる、と言われているそうで
松の下にはたくさんの人が探していました。

残念ながら見つけることはできなかったけど…
(探したんかいっ!笑)

同じタイミングで、
きっと四国八十八か所を回って来られたんだろうな~
と思われるご年配のご夫婦が
「南無大師遍照金剛」と書かれた巡礼白衣を着て
回られていました。
あとでわかったんだけど、このご夫婦は広島の方だった!


高野山の旅は続く。。。。

「放課後等こどもデイサービス こころん」HPはこちら☆

f_こころん.jpg

Green leaf  082-578-1049
メールはこちらへ

 合同会社 Green Leaf
nice!(0)  コメント(0)